« 灰と幻想のグリムガル」 という名作アニメのBD-BOXが発売 | トップページ | ガーリッシュ ナンバー 全話通し見ブルーレイキャンセルしてソフマップドットコム中古が単品ぎりぎりまで値下げしたので注文した »

ナイツ&マジックのブルーレイ中古全巻揃え、分割ではなく 一度全額で購入した。ロボットと美少女て最高 ヒロインの声優が大橋彩香なんて最高ですよ、映画館でANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション鑑賞してきた

この声優さんが出演していたら、購入希望になり
ますからね、人生で辛いとアイカツ!でこの声優さんに
夢中になり人間キャラもいいけど、ロボットの
アニメ作画作品のこだわりがね監督とかキャラデザイン
作画監督と特にここの制作会社はサテライトから
独立してインフィニットストラトスシリーズと
アブソリュートデユオのエイトビットで
癒されるよロボットアニメにね

46266797_1967500873337602_216330523


46110214_1967500913337598_343008400

46146291_1967500963337593_458750457


46131367_1967500993337590_192687235


46110193_1967501053337584_826189791

この悪役に転生したい
プリンセスなんて嫌がる涙の顔の
主人公が助けるに来る前に純潔を奪い無理やり交尾しないから
僕はなろうけいてなんで悪役が姫を無理やり交尾していなくていつも
ヒロインの救出に間に合うのか疑問

クリストバル『ご機嫌はいかがか?元クシェペルカの姫』
世間話は嫌いだ。単刀直入に言うぞ。
お前には俺の妻になってもらう』
エレオノーラ!『い…嫌!』
『泣いて暴れるか!また縛り上げられて無理矢理薬を飲まされたいか!』

45828834_1964239380330418_402655401

45754090_1964239596997063_762762051


46096474_1967501086670914_166385730

今年は去年に比べて夏から今年の年末にかけて分割払いを

去年の年末からiPadproのモバイル端末と通信費を始めたのその為

今年の終了年度の目標達成しているので

金銭的に余裕が出てきて

去年まで好きに使える限度額まで分割借金していたからなあ

今日も朝マクドナルドでセットメニューの余裕があったし

エウレカセブンの映画の前に贅沢に朝マクド

ソーセージエッグマフィン

46253632_1967202086700814_420825778

アニメ映画鑑賞の未来のミライ、

魔法少女リリカルなのは Detonation

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション


エウレカセブン映画終わった。1がレントンの親子のテーマ
1の続編て期待していたら関係なくて、ブルーレイの予告映像も使われなくて、2はアネモネの親子テーマでアネモネの小学校時代の公園の遊具が昭和の最後の方でこの映画の
客層が中年期のおじさん世代なのかな
46123996_1967237210030635_884933009
46076614_1967237273363962_145539815

46008189_1967237410030615_677712673
46101406_1968452503242439_741407438

46181033_1967218623365827_767476012
ビッグカメラ京都たん家電に来ました
46115124_1968593243228365_407147796
AVアンプSTR-DN1080
ブルーレイレコーダーBDZ-FT3000
新型欲しいな
家電に物欲の夢が沢山
46096837_1968605886560434_359134628
46199313_1968605869893769_476668068
僕が10年後20年後とハードディスクの放送録画をパソコンテレビに
録画してハードディスクの管理の
費用に維持しとける保証がない
これから不景気になり自分の財産管理がね、今の買える内にブルーレソフトや深夜アニメ録画して
たぶん将来的に世の中から
自分の心のストライクゾーンど真ん中の
深夜アニメと劇場アニメは消えていくでしょうね
今のラノベアニメとかきらら枠の百合アニメの乱立が
異常なのです、昔なら企画が通りません
打ち切り企画ですよ
AT-Xなんて有料の高額でにわかアニメオタク向けで
ガチアニオタは長年かけて放送をDVDにダビング
するしかね方法がないしね

アニメのビデオソフト(DVD/Blu-ray)が今、売れていない。なかには予約枚数が100枚以下のタイトルも現れているという
ところがアニメ業界でもビデオソフトに目を移すと厳しい話ばかりが聞こえてくる。かつてはテレビアニメ1タイトル1商品あたり1万枚以上の販売があればヒットと言われたが、それが8000枚、7000枚に下がり、いまはさらにそれより低い数字でも売れた方とされる。

 9月末、2018年7月から9月までTV放送されたアニメシリーズ「Phantom in the Twilight」のBlu-rayシリーズ発売中止が発表され、業界を驚かした。発売1カ月半前に突如の発表、予約金支払い後の中止は異例だ。公式サイトによれば、中止の理由は「諸種の事情」。本当の理由は、販売不振と臆測された。
「深夜アニメ」と呼ばれる子ども向け以外の日本アニメは、長らくビデオソフト業界では優等生だった。

46018276_1967368513350838_308170833
1970年代生のオタク達の思春期は終わってしまった!否応なく、容赦なく、思春期は終わってしまった。しかし、オタク趣味のトンネルのなかで楽しく過ごしていたオタク達はそのことが気付かなかったし、むしろ気付くことを避けてさえいたわけだが、もう時間切れの時は近いか、時間切れになってしまった。1970年代生のオタク達だけでなく、ラノベの製作人の方型、おっさんオタクと同ラノベ原作者、とかアニメの制作者の監督とか脚本とかエロゲ~ギャルゲームじ脚本家の年齢例えば
吉野 弘幸(よしの ひろゆき、1970年6月2日
大河内 一楼(おおこうち いちろう、1968年3月28日
岡田 麿里(おかだ まり、女性、1976年
しかし現実には売るほうも買うほうも1970年代生のネットでおっさんの発言が幅をきかして、自分達だけで糞アニメを楽しんでいます

オタク中年化問題】2007. 07/16
すでに1970年代生のオタクの未来が推測されていた
ホームページの引用です
1970年代生の中年的物憂げさが、もっと若い世代の漫画・アニメ・ゲーム制作者達に毛嫌いされるだろう、ということも容易に想像がつく。自意識と現実から逃げ回った挙げ句に追いつめられた中年達を、若い世代はどのように眺めやるだろうか。何を思うだろうか。漫画もアニメもゲームも、1970年代生のオタク達だけのものではない。中年オタク達の行く末は、より若い世代のオタクコンテンツクリエイター/コンシューマの双方に、様々な省察材料を与えるに違いない。

 そしてより真面目な、より深刻な問題としては、「心に余裕が無い中年オタクが社会に溢れる」という構図をどうするのか、という問題がある。勿論、これはオタク趣味分野だけでなく、「クリエイター気取り」を許してくれる諸文化圏もひっくるめての話で、夢売り商売をやってきた人達と夢を買って生きてきた人達の共犯関係の絶望的終末をどうするのか、という話である。1970年代生まれは、バブルの影響でフリーターやら自分らしさやらに幻惑され、就職超氷河期によって辛酸を舐め、オタク趣味分野以外の様々な文化圏においても“夢を訪問販売されては買ってきた”世代である。オタク趣味分野だけでなく、様々な分野において、類似した問題は起こっているだろう。このテキストでは、あくまでオタク趣味分野を中心に書いたけれども、これは同世代のオタク達だけの問題ではなく、同世代全般にある程度言えることだと私は考える。コンテンツや夢にすがらざるを得ない現実を生き、故にこそコンテンツや夢にすがったというのは十分に同情可能だとしても、やはり現実は追いかけてくる。現実は酷薄だ。

 「文化祭も夏休みももうお終いだ。ギターを片付け、漫画を畳んで、現実を視ろ!」

 彼らにこう言ってみせるのは簡単だ。だが、言っても彼らを苦悶させるだけなので、言えば良いというものでもなさそうである。「ギターを片付け、漫画を畳んで、現実を視ろ!」という言葉を与えて間に合う時点を、彼ら中年オタク(や中年夢追い者)はとっくに通り過ぎているし、彼ら自身もその言葉を既に何千回も反芻しているのだから。また中年予備軍として控えている20代後半のオタク達においても、単刀直入のアドバイスはもはや届きがたくなっているだろう。こういった満たされない中年世代達が、コンテンツを求め、それ以上に自意識の癒しとアイデンティティの欠片を求め、思春期を懐かしみながら生きるという社会※2。彼らに対して効果的な処方箋はあるのだろうか。すべては手遅れなのだろうか。もし処方箋が無いとしたら、どうやって向き合っていくのが適切なのだろうか。

 オタク中年化の時代が、いよいよ来る。既に見受けられる事例は先駆けでしかない。本命は、1970年代が三十代半ば~四十代にさしかかってくる2010年~2015年頃だろうか。オタク達個人は、社会は、そうした時代への準備を済ませているのだろうか。思春期ゾンビとでも言うべき人々(または自分自身)との対峙を想定しているだろうか。中年の波は、すぐそこまで来ている。もうあなたの背中まで来ている

オタクコンテンツ提供者達が、彼らを一層メープルシロップ漬けにするようなオタクコンテンツを提供し続けるので、現実逃避したいオタクが井戸の外を直視するのは極めて困難となっている。だが、そうこうしているうちに彼らは、自分達が「おっさん」になっていることにはたと気付かされるのだ。美少女コンテンツと向き合う時のこの気怠さは何なんだろう、鏡にうつる自分の姿は何なんだろう、そして、俺の人生はどうなっていくんだろう、と。

 オタクとて歳を取ればとるほど、自分の思春期が何だったのか、ここまでに積み上げてきた結果が何なのかに直面させられる機会というのは(社会的にも、気持ちのうえでも)増えてくる筈だ。その時、オタクコンテンツを蕩尽することしか能が無かった人や、オタククリエイターを気取りながらも怠惰のままに何も為さなかった人というのは、相当に追いつめられてくるのではないだろうか。終わらない思春期なんてものは存在しなかったのだ。思春期に終わらせるべきを終わらせないままに、1970年代生のオタク達の思春期は終わってしまった!否応なく、容赦なく、思春期は終わってしまった。しかし、オタク趣味のトンネルのなかで楽しく過ごしていたオタク達はそのことが気付かなかったし、むしろ気付くことを避けてさえいたわけだが、もう時間切れの時は近いか、時間切れになってしまった。永遠の文化祭は、現実の側からいよいよ侵食されつつある。

46076556_1967388143348875_821623440

 映像ソフト業界は全体が長期低落傾向にある。日本映像ソフト協会の調査によると04年の3753億円をピークに右肩下がり、2017年の販売金額は1876億円と半減している。

 そのなかで大人向けアニメは08年に一度落ち込んだものの、その後は13年までは安定して売れ続けた。映像だけでなく豪華なパッケージBOXやブックレット、絵コンテや特典映像、CDなど盛りだくさんの商品企画も理由の1つだ。堅調な販売から、コアファンに支えられたアニメのビデオソフトは他分野と異なり、コレクターグッズとして残っていくとの見方さえあった。

 状況が一転したのが14年だ。前年比13%減の644億円を記録、以降は15年、16年と3年連続で2桁減となる。下げ率はマーケット全体より大きく、わずか3年で3割以上の市場を失う。

 17年は508億円で16年の509億円とほぼ同じだが、マーケット全体の1割以上の大ヒットとなった『君の名は。』効果が大きい。テレビアニメについては依然厳しい状況だ。
深夜遅くにテレビのチャンネルを切り替えると、次々にアニメが登場する経験をした人は多いのではないだろうか?

 「なぜアニメはこんなに多く作られるのか?」「どうやって商売が成り立つのか?」と疑問に思うかもしれない。その鍵はビデオソフトにあった。深夜アニメは、アニメ製作者が自ら放送枠を買い取り、お金を払って放送をする。放送局から放映権料を受け取る通常のテレビ番組とは逆だ。

 アニメはテレビ放送で得た知名度と人気を武器に、その後発売されるビデオソフトで投資を回収する。長らくそうしたビジネスのシステムが続いている。ビデオソフトが売れなければ、これが回らない。

 アニメにとってビデオソフトの販売減少は、他のジャンル以上に死活問題である
 ところが不思議な現象が起きている。ビデオソフトは売れないのに、テレビアニメの本数はむしろ増える一方なのだ。日本動画協会の「アニメ産業レポート 2017」によると、00年代半ばには200本前後であったテレビアニメのタイトル数は、16年には350本を超えた。

 これにもカラクリがある。アニメに関心を持つ動画配信会社や、ゲーム会社から資金が流れ込んでいるためだ。ゲーム会社はアニメにゲームの認知度向上、ブランドの活性化といったゲーム広告の役割を期待する。
 日本でも手元に置くコレクションとして、ビデオソフトには依然、配信とは異なる価値がある。見落としがちなのが保存・アーカイブ機能である。

 昨今指摘されるのが、配信契約の問題だ。膨大に見える配信サービスの作品も、視聴回数が少ないと契約が更新されない。今まであったはずの作品がある日突然ラインアップから消える現象がすでに起きている。

 例えば18年11月のAmazonプライムビデオのラインアップを見てみよう。『ご注文はうさぎですか?』『わが青春のアルカディア』『マジンガーZ』『魔法少女リリカルなのは』『潔癖男子!青山くん』などの配信終了が確認できる。いずれもかなりの有力タイトルである。

 手頃に見られるはずの配信なのに、どこを探しても存在しない作品が今後増えるかもしれない。それがもし自分にとってかけがえのない作品だったら……。確実に手元に残そうとすれば、やはりビデオソフトなのだ。ビデオソフトへの揺り戻しは、今後あるかもしれない。

 むしろアニメのビデオソフトの本当の問題は、多過ぎるタイトル数にある。先に触れたように、配信会社やゲーム会社、そして海外企業とアニメ製作に流れ込む潤沢過ぎる資金が、アニメ業界の制作能力を超える企画乱立を招いている。本来は企画の数でなく、作品ごとの予算が増えればいいのだが、多くの製作元は自分だけの作品が欲しいのでそうはならない。




|
|

« 灰と幻想のグリムガル」 という名作アニメのBD-BOXが発売 | トップページ | ガーリッシュ ナンバー 全話通し見ブルーレイキャンセルしてソフマップドットコム中古が単品ぎりぎりまで値下げしたので注文した »

オーディオ・ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164475/67376961

この記事へのトラックバック一覧です: ナイツ&マジックのブルーレイ中古全巻揃え、分割ではなく 一度全額で購入した。ロボットと美少女て最高 ヒロインの声優が大橋彩香なんて最高ですよ、映画館でANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション鑑賞してきた:

« 灰と幻想のグリムガル」 という名作アニメのBD-BOXが発売 | トップページ | ガーリッシュ ナンバー 全話通し見ブルーレイキャンセルしてソフマップドットコム中古が単品ぎりぎりまで値下げしたので注文した »