« 2017年1月 | トップページ

2017年2月

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 <完全生産限定版> 【ブルーレイ 三度目の購入

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないを

一度目の事
完全生産限定版新品の発売日に購入して金に困って中古に売る
二度目の事
完全生産限定版中古を買う金に困って中古に売る
三度目の今回も
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
<完全生産限定版> 【ブルーレイ 
中古で4000円を
金券ポイントカードで千円割引して
千円三か月払いで購入
監督 長井龍雪と脚本 岡田麿里の仕事ていいんだよねえ
Dscf3007
Dscf3008
Dscf3009
Dscf3010
Dscf3011
Dscf3012
とらドラ!
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
心が叫びたがってるんだ。
茅野愛衣の声ていいんだよなあ
まあ関係ないけど他にも買い戻したいと
未購入の映画アニメが沢山
今日も単行本一冊無料で電子書籍
楽天の新規で入手したしね
政宗くんのリベンジ七巻ね
Dscf3013
Dscf3014

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三国志13完全版と5pbウィンターセール2017のギャルゲームソフト大量購入を天秤にかけたら

最初は三国志13完全版買おうと思っていたんですけど

2014年の8月の5pbサマーセール以来で去年もあったらしいが
当時の僕の希望価格にまだ値下げしていなくてね
CHAOS;CHILDプレステ4版 3780円50%オフ
IS <インフィニット・ストラトス>2 ラブ アンド パージ
Vita版3240円50%オフ
俺達に翼はない
Vita版3240円50%オフ
駄目駄目、こんな中古屋でも出せる最大割引では
他の去年のゲームメーカーの
割引の値段がこちら
TGLは、同社が発売中のプレイステーション Vita用ソフトを大幅にプライスダウンする“TGL春の販売キャンペーン!”を本日2016年3月18日より開始する。

【キャンペーン期間】
2016年3月18日(金)~2016年3月31日(木)正午頃まで

■キャンペーン内容
下記対象作品が全て大幅プライスダウン!

▼対象作品 (PS Vita)
ハーヴェストオーバーレイ 3980円→1990円
ナツメグ 3980円→1990円
恋愛0キロメートルV 6480円→2990円
ひとつ飛ばし恋愛V 6480円→2990円
Friend to Lover ~フレラバ~ 6480円→2990円
大図書館の羊飼い ~Library Party~ 6264円 →3990円
百花繚乱エリクシル ~Record of Torenia Revival~ 6480円 →2990円
魔女こいにっき Dragon×Caravan 6480円 →4990円
まあ普通は半額なんだけどね
で5pbウィンターセール2017の値札見たら
三国志13完全版なんてもういいやって
Dscf3001
このプリペイドカード五千円使わないと
来月の支払クレジット決済の予算の金額
超えてしまうからなあ
ギャルゲームギャルゲーム
アニメソフトでも50%オフでは納得しませんよ
50%オフのソフトも買うことは買いますけどねそれ以上に
値引きが大きかったから
2014年の8月の5pbサマーセール以来ね
やっと更に欲しかったソフトが値引きになったかあて感じでね
CHAOS;CHILDプレステ4版 71%オフ 2160円
STEINS;GATE 0プレステ4版 71%オフ 2160円
俺たちに翼はないVita版 75%オフ  1620円
インフィニット・ストラトス2ラブアンドパージ
Vita版 75%オフ  1620円
この大空に、翼をひろげて CRUISE SIGN
Vita版 66%オフ  2160円
プラスティック・メモリーズ
Vita版 50%オフ  3240円
冴えない彼女の育てかた -blessing flowers-
Vita版 50%オフ  3240円
クレジット決済だけで一万二千円くらいいってるしね
このゲームソフト7本くらい普通に購入したら
テレビアニメシリーズのブルーレイディスク全巻買えるね
ゲームソフトの中古の話に戻るけど昔から
中古のギャルゲーなんて1本がアニメの新作中古と
値段が変わらないよ
おまけにVITAのメモリーカードなんて
値段が高いしね、今回は空き容量のあるの買い置きしてあったの
使ったけど空き容量のVITAのメモリーカードもうないんだよね
そんなに激安のダウンロードソフト購入だけで甘く次回からは無理かあ
映画のアニメソフト
テレビアニメソフト
ギャルゲームソフト
全部欲しいなあ
Dscf3002
Dscf3003
Dscf3004
Dscf3005

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年1月 | トップページ