« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

禁じられた愛  ボンジョヴィ

禁じられた愛  ボンジョヴィのカップヌードルを見て ハンバーガーやステーキを食いながらこの宣伝を見たら ハードロックカフェですね あれなんで日本語なの 空耳ですか、英語が日本語に聞こえる感じがね まあアンプで聞いたから 飲食店舗の音に聞こえましたね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本人の精神は鎖国状態

政治家の精神は鎖国状態の間違いでは
だって祖先の明治政府が、打倒江戸 幕府 の連中の家柄の連中だもの
元々、お上の連中もいたかもね
昔昔、黒船がきたああああ、どうしよう
開国してくださあああい
外国に対して強い態度がとれない
自国の利益の自分たちの保身を守る事しかなあい過去の生き様
鎖国とかそんな精神は、日本ていう農業と漁業とか自国だけで生きてきた
先祖からの世界が、日本人の血や肉が欧米の簡単に血や肉になれないように
たかが100年や200年で生まれ変われるはずがないだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一軒家でも自分の部屋が四畳半で天井が低いのでサラウンドシアター堪能できないよ

一軒家でも自分の部屋が四畳半で天井が低いのでサラウンドシアター堪能できないよ
今日は、ヨドバシカメラの京都駅店舗が、できて入る前は所詮、ビッグカメラ京都駅店舗と
同じと思ってオーディオルームを目指したら、元々のビルが、近鉄百貨店だったせいか

オーディオの高級ヘッドフォン視聴席が長く備えられていて、遊び心の無いビックとは違うのだよビックカメラとは


しかしそれは、氷山の一角で、ここはオーディオショールームが、デンオン、ソニー、パイオニア、ボーズ


液晶テレビAVアンプホームシアターがああ、メーカー各社の展示売り場会場だなあ


ビッグカメラでは、部屋の片隅で、高級機が電源も入れないで置いてあるだけで


これで、僕は、パイオニアに行き、AVアンプの僕と同系列の本体を見て


DTS-HD Master Audioが点灯ランプを見て僕のはこれが点灯していないのが


帰ってから検索して、プレステ3の本体が、このアンプについていけないのがわかり


ああまた、ブルーレイ再生専用を買い換えないとなあ、しかしショックなのが


スピーカーのアメリカンホームサイズです四畳半では無理だよなあ


店の高価アンプSCLX-72と同系列のダイハード4の迫力は同じだが


スピーカーと重低音のど迫力がね、今の自分にはどうにもならない


オーディオの追加予算は、ある程度まで突き進むと、宝くじでも当たりしないとねえて


家の大きさと、騒音が許される世界、どらえもんの放送をして、スネ夫に家に呼ばれて


のびただけ、3D眼鏡を貸してもらえなくて、家は古いアナログテレビで


どらえもーん、て泣きつくまでは見ていませんでしたが


どらえもんて未来の最近機種を持っていてセレブで金持ちだなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アニメ映画の大安売りはいいのだが

アニメ映画の大安売りはいいのだが

作るなら、オリジナル二時間にして欲しい

短編で昔の東映まんがまつりみたいな

抱き合わせ上映はしてほしくないなあ

なんかこの後にセキレイとかもきそうだなあ

たぶんフィルム商法で何度も客がきてくれるから

アニメ映画ならなんでもいいわって

感じになってきているのかなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上を見たらきりがない、夢のアンプは買えたけれども、スピーカーがね

AVアンプ SC-LX72を使って、数ヶ月、オンボロスピーカーの
センタースピーカーに


DIATONE スピーカーシステムDS-200Zの仕様 ダイヤトーン/

\60,000(2台1組、1992年10月発売オンボロスピーカーだあ

一台が三万円て、それからフロントスピーカーに

CELESTION  初代、これて僕が生まれた頃らしいで

39年か40年前の、ガンダムワールドでいえば骨董品兵器ですよ

しかし、このキラヤマトのコーディネイターのようなAVアンプ SC-LX72の

スピーカーの音色の、それぞれの個体の壊滅的な駄目駄目を

サラウンドワールドに夢の世界のように、導いてくれる、まるでガンダムシードの

砂漠のバクゥ戦闘のように、不可能を可能に変える男だよ、そらのおとしものの、ともちゃんもね

それでアニメシアターのオーディオ ホームシアターワールドを検索したら

店の展示会しかなくて、アニメオタはオーディオに拘らないらしくって

見つけたのが

アバック秋葉原本店ブログ 「アニメブルーレイの究極再生に挑戦!
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
はブルーレイを持っていますが劇場版まで迫力の世界に
到達していないのは自覚しています


そのセンタースピーカーが
センタースピーカーCC800V ¥99,750(1本)しかも視聴システムに
僕のアンプ系列のパイオニア SC-LX81/AVセンター

それからこれの二回目のアニメイベントで
ガンダムUC episode1
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
のブルーレイを持っていますがまだ本当の音を知らないて事ですかあ

また僕のアンプ系列でVSA-LX53

スピーカーが

FOSTEX



GX103
GX103(フロント)1台が10万円、二台だと20万円、桁が違う

GX102
GX102(センター)センター用だから一台が七万と



こんなホームシアターイベントに参加したら、車のエンジンだけ高額て高性能で



それを動かすボディが安物の軽のオンボロしか所持オーナーになれない



そんな状態だなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »