« もしも不孝ならってオチ3日間でした | トップページ | アマガミSS・棚町薫編の声優の佐藤利奈ツンデレ役って »

模型戦士ガンプラビルダーズビギニングGの感想

機動天使エンジェリックレイヤーが最後の模型アニメて思いしてたのに ビギニングガンダムてアニメのイベント向け放送を見て

プラモ狂四朗みたいな展開の話です 番組を見て模型の熱さが伝わらない 昔にプラレス三四郎の時代に放送したら流行したろうなあ

昔はアニメの同人誌企画みたいなのは作らしてもらえませんでした 昔は模型の改造が実際に動き出すってのは あまり時代が早すぎたのかもしれない 機動天使エンジェリックレイヤーていう模型アニメもあったなあ

て感じで意味不明な話しすまない 現実の子供のガキはプラモを叩き壊すとかでした こんな優しい紳士的な大人の管理の下でルールを守って なんかあるわけないし こんな優しい世界が現実なら模型を続けていたかもね

|
|

« もしも不孝ならってオチ3日間でした | トップページ | アマガミSS・棚町薫編の声優の佐藤利奈ツンデレ役って »

機動戦士ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164475/51133075

この記事へのトラックバック一覧です: 模型戦士ガンプラビルダーズビギニングGの感想:

« もしも不孝ならってオチ3日間でした | トップページ | アマガミSS・棚町薫編の声優の佐藤利奈ツンデレ役って »