« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

友達に、ザ・ウォーカー の映画をおごりで見たけれども

ザ・ウォーカー は、友達が゛、ホラーやサスペンスや血の激しいのが好きなんで

友達がバイオハザードみたいに化け物のでる

雰囲気のポスターやから

聞いたら出ないから大丈夫やって、そして鑑賞開始

うあああ、化け物でえへんけれども、北斗の拳みたいな殺戮の世界やないかああ

だからね、昔から、新作映画は、好き嫌い激しいのですよ

それから二本目は、割り勘で、アイアマン2を見てね

家でアイアンマン1BDを見てきてね

なんか1より、日本の東映の子供向けの特撮ヒーロー路線になっていて

僕の好みの映画だなあ、おおおサラウンドが派手だねえええ

客はザ・ウォーカーより少ないけどね

やっぱり勧善懲悪のヒーロー路線は最高だなあ

オープニングはロック曲で

EDはファンタジー曲ぽくて

絶対、アイアンマン2BDを買うからねえええ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

焼き肉だけでは物足りない、追加で馬肉もお願いします

友達と、焼き肉を食べに行って、まずはタンとユッケをお願いしますって

店員さんに注文したら、夏場はユッケは無理なんで
馬肉なら出せますがって、それと、飲み物は、いつもならウーロン茶なんだが
今日は焼き肉とカクテルな気分なんで
馬肉も初体験で美味でえええ
めっちゃ幸せええええて感じですよ
カシスオレンジを頼んでね、焼き肉とカシスオレンジの組み合わせは最高だよなああ
ても慣れない酒で酔ってしまい肉はあまり食べれなかった
慣れない飲み物の組み合わせはするもんではないなあ
下戸なのに無理すかしたかもなあ
最後にチキンドリアを注文したよ
酔っているのによく胸焼けしそうなのは食べれるなあて感じですね
T02200155_0800056310619252901
T02200095_0800034710619252902
T02200168_0658050110619252899 
T02200108_0800039210619252900

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仕事や恋愛、遊び、努力した先の充実感は悪いネガティブ感情で別物です

お金があれば幸せですか、当たり前ですよ

でも僕が、仕事や恋愛、遊び、努力した先の充実感が無いて書いたのは
零細企業のアルバイトで底辺の僕はヤンキー上がりは貧困な関わりから
抜け出せなくて、他人の金の使い道に首を、つっこんでくるし
お金だけじゃなくて、職場の人間関係も大事だと思いますよ
貧困になると結果的に全部が金の話題に繋がり
どうか僕に災難が追いかけられないように
お金という嫉妬の猛獣に噛みつかれないようにって気分になり
他人に興味を持たれないように
ビクビクして自分を演じたりしてね
うかつに知り合いにブログを知られないようにしたりしてね
お前、こんなの沢山買って、山ほど貸してやとか言われたりして
借りていく時も、過去に人の部屋で、物を借りていく時に
いる、いらん、いる、いらんて、大声で言いながら
そんなんで叫ぶのて聞いたら、いらんからやあて
内心、それが他人に物を借りる態度かってーの
僕は他人に見下れやすい人間で
他にも僕から借りる人って、僕との会話なんてどうでっていいて感じで
早く借りて、もうう、ここには来たくないて態度のオーラー出しまくりで
こんな経験があるからハードロックカフェでシャウトタイム踊りとか
物質欲の嫉妬に巻き込まれないよう、自分を演じたりしていましたよ
生きていくのにバブルの弾ける前から零細の底辺なんてこんなもんですよ
はした金のお金では火傷するばあいもあるので
金にマイナス感情を持ったりするて書き込みたかっただけですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

16才に戻り、今度こそ萌えオタク一筋に生きたいですよ、働いた金はお水の女には使わないぞ

16才に戻ったらオタクしても許されるから

店でフィギアを逆さにして白とかピンクを覗いても
T02200057_0800020810605388110
T02200165_0800060010605388143

若気の行為になるが、僕の年齢の38でしたら

変○ですよ、久しぶりに部屋の物置から封印を解き

外に出しましたよ、オタク卒業とか辞めようとか

考えていたが、ハードロックカフェに通ったりして

寄り道をしていたが、この写真のフィギアの製品そのものは

セガサターンやプレステ1全盛期のフィギアで

あの頃は景気がよかったなあて感じでね

センチメンタルグラフティーの、沢渡ほのかのボイス付き

フィギアでまだ電池が動きましたよ

迷い猫オーバーランのオタクワールドを見ていて

学生てオタクを力説できて、若さてうらやましない

若さて若さてなんだ、振り向かない事さ

愛てなんだ

宇宙刑事ギャバンの歌でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

僕はアメコミ映画とかスピルバーグ映画が大好きだああ

部屋の片付けをしていたら、最近は買わなくなった。映画のパンフレットが出てきて

T02200200_0800072910605554377

なつかしく眺めていたら、BDのX-MENやスパイダーマンの全巻が欲しくなり
T02200069_0800025110605557842

映画のシリーズのね、ずっと長い、我慢していた

アメコミ映画好きの魂があああ

昔のLDの時はよく洋画を買っていたが

あの頃は予算に余裕がなくて最近は予算に余裕がでてきてね

スピルバーグの近未来物や

BDも廉価で安くなってきたしね

DVDを買わないで正解だったかもなあ

買いなおさなくて助かったしね、

ここから本題で

3Dの値段なんて、高額なAVアンプの二倍、三倍の値段で部屋も四畳半で無理だよ





ここの時のSC-LX72を通販で15万で買いして、メーカー価格が25万して

T02200299_0707096010605554383

これは、僕にとってのガンダムSEEDのストライクフリーダムだよ



アンプパワーがパワーダウンしないし



この音に酔いしれました。もう機材は完璧です



あとは映画のソフトを買いまくりたいなあて感じですよ



しかし部屋が完璧にオタク部屋になったなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

眠たくなる可能性の映画、カジノを題材にした映画のヒューマン映画

カジノ映画で、昔の幸福の条件の主演がデミームーアでラスベガスをぶっつぶせだったかな

僕は心の駆け引きの理解ができないのに、カジノの華やかさの予告編でおもしろそうかなあって
映画館に入るしね、007のカジノロワイヤルも、カジノシーンになったとたんに眠くなったなぁ
逆に眠くならない、カジノ映画は、オーシャンズで、派手に、イカサマ映画ですからねえ
余談たが、よく仕事場の同僚に、カジノ映画見てきたよって言ったら
おまえ博打せえへんくせに、意味わかんのかって、入場料がもったいないぞって
よく言われましたよ、僕にしたら、ラスベガスってテーマパークてイメージがあるのでね
そんな解釈するから、他人によく頭がおかしいって言われましたよ
結局、映画館て、家で見るのと違い、眠たくなるシーンは早送りができないのでね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お金はダイエット同じで

フォックス・スーパー・プライス・ブルーレイ



無駄使いしてはいけないと強い意志でウィンドゥショッピングするのだが
アマゾンの通販の宣伝メールとか大手家電の、今だけ檄安とか
なんか通販番組の二つ買ったらなんと半額とか
僕が最近興味あるブルーレイの洋画のソ-ニピクチャーズ
とか20世紀FOXが半額が期間限定って
こいいうのに限り優先的に節約どころか散財してしまう
そうです、あせって買わなくても、20世紀FOXも
後にネットで知るのだが
ワーナーホームビデオと同じで低価格になるのに
店のポスターのお得感に誘惑されて
しかも買った後に
レシートに4千円が2千円に割り引きって
表示されて、散財したあと、倍の金を散財したからもうかったて
これも言い訳ですね、ワーナーホームビデオは
一度値下がりしたら、そのソフトは値下がりしたままで
ありがたみもなくて
だから結果的に20世紀FOXも同じなんだってば
店も策士だな
騙されやすい僕だなあ
この世の中節約させないで散財させるって
割引で客に言い訳のさせるかだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

碇シンジの父、碇ゲンドウの司令官のフィルム写真が怖いよう

僕はこの碇ゲンドウが当たるくらいなら

スカのフィルムが当たったほうがましだったょぉ

アスカのムフフ写真が当たらないかなて期待感はあったんですけれどもね

碇ゲンドウだけは当たりませんように神頼みしてね

しかし悪夢が現実になりナイスショットが当たりましたよ

なんで嫌いなのにBDの大金を使うかって

アスカのムフフシーンの為ですよ

まあ旧作品の碇ゲンドウより優しい気もしますが

やはり血も涙もない冷酷な表情ですよ

なんか悪夢に出そうだなあ

何の商品の事かわかりませんよね

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray] 庵野秀明, 林原めぐみ, 緒方恵美
これを購入したんですよ
子供の時に、映画俳優のチャップリンの写真で、トラウマになった
事もありましたよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »